-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03 28

シンプルなおしゃれと地味なコーディネートは紙一重

 シンプルなおしゃれが大好き!

そういう方も多くおりますが、

シンプルは一歩間違うと

地味

主張性のない格好になりやすいですね(泣)


素材の良い品などを使って、計算しながら気遣いをしないと

ただの無難な装いに終わってしまう

かもしれませんよ!!

本人の主張とまわりの評価の誤差に要注意です。
スポンサーサイト
03 03

くたびれた洋服は、くたびれた人に見せる?ブランドより本物!

 「老け」の最大の印象は、やはり「くたびれと疲れ」感でしょう。

どんなにきれいな人でも、
くたびれた毛玉いっぱいの古びた洋服をきていると

貧乏くさく、おしゃれも人生も捨ててしまった人に見えます。

実年齢よりも、確実に「老け」て見えてしまいます。

ましてある程度の年齢になった場合は、もっともっと悲惨な感じになります。

「老け」「疲れ」を感じさせない、
「生き生き」した快活な若さと美しさは、

「きれい」な「おしゃれ」な着こなしで、なんとかなるものです。

いつまでも若く、美しく見せたいなら、服装に、これまでより、もっともっと気を使うこと!

いくつになっても、モテモテ!!でいたいものです。

年をとっても「老けたね」って言われたくないね!

ブランド品を身につけるより、本物を身につけるとさらに「パワーアップ!」


03 02

年をとって増えるのは、しわと白髪と腹のお肉??

 悲しい現実です。

でもでも

ファッションに関しては、いい事だってあります。

単純でなんの魅力もなかった白のブラウスとタイトスカート。
派手な印象に見えた色や柄の洋服。

今ならシックに着こなせるし、リッチ感アップです。
03 02

中世の「カルソン」と現代の「カルソン」 レギンス・スパッツ

 本来は半ズボンふうのゆったりした男性用下ばきやズボン下などの下着のことを指してましたが、
後に女性の下着を指すようになりました。
スパッツやレギンスとも呼ばれ,脚にぴったりとした伸縮性のあるパンツのこともいいます。

中世のヨーロッパでは、豪華なドレスの下はノーパンだったそうな!
ルネッサンス期に入り、フランスなどの高貴なレディたちが「カルソン」と呼ばれる下着を着け始めたそうです。

ただその頃のパンティというと、股の部分に穴があいていただけという、変わったパンティだったといいます。

しかし16世紀末には、それがすたれ、またノーパン時代が到来したそうです。

現代のパンティ(ショーツ)がいつ頃から着用されだしたかは、いずれ股(又)調べてみます。


おすすめ
スポンサー
最新コメント

ぽんすけ

Author:ぽんすけ
ファッション好きのおじさんです。
( -。)<<<<やっほ~ >>>△△


プロフィール
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。